HIV 感染予防(PrEP)

PrEPとは、HIV感染予防を目的として性行為をする前からお薬を内服する治療法です。 服用方法によりますが、PrEPは女性・男性・トランスジェンダーともに対象で、HIVに感染するリスクが高い方に推奨されます。

男性女性のカップル 男性男性のカップル トランスジェンダーのカップル

PrEPが推奨される人

パートナーがHIVに感染しているが適切な治療を受けていない

最近、性感染症にかかったことがある

風俗で働いているなど、性行為を行う相手が多い

コンドームを使わないことがある

性行為でHIV感染や性感染症を防ぎたい方はPrEPとコンドームの併用がおすすめです!

01

内服方法

PrEPの内服方法は2通りあります。

オンデマンドPrEP

オンデマンドPrEP

男性同性間で性行為を行う方にのみ推奨されており、女性やトランスジェンダーには推奨されていません。

性行為前は性行為の24時間~2時間前までに2錠内服、 性行為後は性行為前に内服した時刻の24時間後と48時間後に1錠ずつ内服します。

デイリーPrEP

デイリーPrEP

男性同性間、男女間、トランスジェンダーの方など、HIV感染のリスクのある性行為を行う方すべてに対して予防効果が得られます。

毎日1錠を決まった時刻に内服します。 1週間程内服した時点で体内の薬剤の濃度が安定し、充分な効果が期待できる状態となります。そのためデイリーPrEPを開始後数日はリスクのある性行為は行わないようにしましょう。
02

診療・治療費について

PrEPジェネリック料金

当院では、治療薬の長期使用で懸念される腎機能障害や骨への影響がほとんどないとされている、TAF/FTCのジェネリック薬(ジェネリック薬の品質検査において偽薬はみつかっていないもの)を採用しています。定期的に長期間内服する薬ですので、安全で低価格となるものを選択しています。
オンデマンド1回分
(1回分/4錠 + 検査キット付き)
6,000円
(税込)
お薬代(30日分/30錠) 13,500円
(税込)
お薬代(90日分/90錠) 36,000円
(税込)
お薬代(180日分/180錠) 66,000円
(税込)
お薬代(360日分/360錠) 117,600円
(税込)
※診察料+お薬代を含む料金となります。医師とのご相談の上、ご希望の日数をお選びください。

PrEPが気になる方、
LINEから友だち追加後お気軽に
オンライン診療
をご予約ください

03

PrEPを始めるなら

PrEPを始めるに確認すること

以下の事項にあてはまらない方はPrEPを行うことができない状況、あるいは注意が必要な状況となります。

過去にHIV感染症の治療薬に含まれる成分でアレルギー反応を経験したことがない
HIVに感染していない

PrEPで使用する内服薬はHIV感染症に対する治療にも用いられる薬ですが、単剤での使用はHIV感染症に対する治療として不十分です。 その後のHIV感染症の治療に悪影響を与える可能性があり、HIVに感染している方はPrEPを行うことができません。

B型肝炎ウイルスに感染していない

PrEPの内服を中止することでB型肝炎が悪化することがあります。進行したB型肝炎の場合は重症化することがあり、PrEPの開始は慎重に行う必要があります。 慢性B型肝炎の方はオンデマンドPrEPの方法を選択することができません。 また、B型肝炎の感染既往があって現在は治療を行っていない方につきましては、PrEPによりB型肝炎ウイルスが再活性化し、肝障害や重症肝炎を起こしてしまう可能性が、稀ではありますが考えられるため、肝臓内科や感染症内科によるバックアップの体制が整った状態で処方させていただくこととしております。

腎臓の機能に障害がない

PrEPで使用する薬剤は腎臓の機能に影響を与えることがあるため、腎臓の機能に障害がある場合は、機能の程度により薬剤の使用が制限される場合があります。TAF/FTCの使用は重度の腎機能障害(腎機能の指標のひとつである、クレアチニンクリアランスが30ml/min未満)がある場合、内服できません。TDF/FTCの場合は、腎臓の機能が中等度以上(腎機能の指標のひとつである、eGFRが60未満)である場合、内服できません。

PrEPを開始する前に、HIV・B型肝炎・腎機能の検査を行って、上記にあてはまらないか確認しておく必要があります。

当院では自宅で検査を行えるスクリーニング検査キット(HIV感染、B型肝炎ウイルス感染)による感染確認が可能です。当院のオンライン診療を受診される前に他の医療機関等で検査を行っていない方や、PrEP開始後の経過観察目的に、検査の御案内をしております。

PrEPを始めたに確認すること

PrEPを始めた後に確認すること
PrEPを開始して1ヵ月の時点で、PrEPの継続に問題がないかの確認と、副作用が出現していないかチェックする目的で、HIVや腎機能、肝機能の検査を行うことが推奨されます。 また、PrEP開始後、自覚症状がなくても、3-6ヵ月ごとにHIVや腎機能の確認を行うことが推奨されます。

当院でPrEPを始める流れ

当院で PrEP を始める流れ
04

PrEPの注意点

!

副作用について

当院で処方しているお薬(テノホビルアラフェナミド/エムトリシタビン:TAF/FTC)の副作用は嘔気や下痢、腹部不快感などの消化器症状が主体とされています。 内服を始めて比較的早い段階で数%の頻度で上記症状を認めるとされていますが、時間経過(数日~数週間)とともに症状は軽減することが多いようです。 症状が強く認められる場合や軽減しない場合など、お早めに御相談ください。

!

デイリーPrEPを行っていて、飲み忘れに気づいたら

その日のうちに飲み忘れに気づいた場合は気づいた時点で1錠内服してください。 翌日からはいつも通りの時刻に内服してください。 飲み忘れに気づいたのが翌日の内服に近い時刻である場合は、前日分はスキップします。 前日分も合わせて2錠内服する必要はありません。

!

オンデマンドPrEPで性行為前の2錠の内服を行ったが性行為がなかったら

その後の内服は行う必要はありません。

!

オンデマンドPrEPで、前回の内服からあまり日数を経ずに性行為がある場合

最後の1錠を内服して1週間以内に性行為がある場合は、性行為前の内服は1錠で開始してもよいとされています。 1回の性行為であれば性行為前に1錠、性行為後に1錠ずつ2回内服で、合計3錠の内服となります。 最後の1錠を内服して1週間以上経過して性行為がある場合は、通常通り2錠の内服で開始します。

!

内服開始後の定期的な検査が推奨されます

PrEPを開始する際にはHIVの検査とB型肝炎ウイルスの検査を行います。 内服前の検査で陰性の結果であっても、1~3ヵ月後に検査を行うと陽性の結果が出ることがまれにあります。 これは、1回目の検査の時点で感染しているけれども、体内のウイルス量が検査で陽性となる程度には増えていなかったため、陰性の結果となった可能性が考えられます。   感染があっても検査で検出されない期間をウインドウピリオドといいます。ウインドウピリオドに検査を行っていた可能性や、PrEPの内服が正しく行われていなかった等の理由による内服開始後の感染の可能性について確認するため、定期的な検査を行うことが推奨されます。

PrEPが気になる方、
LINEから友だち追加後お気軽に
オンライン診療
をご予約ください