レインボークリニックではHIV感染予防を推進しております。

1
こんな方におすすめ

過去にリスクのある性行為をして
自覚症状があり気になる

HIVの検査をしたいが
コロナの影響で保健所での
検査ができない

コンドームを使うのを忘れてしまったり、新しいパートナーができたり、HIVに感染したかも、と思ったら検査を受けてみてください。HIV感染の有無は検査でしか知ることができません。

医学の進歩により、HIV感染症に対する適切な治療を行えば、AIDSの発症を抑えられるようになりました。つまり、治療の進歩でHIV感染者の生活は大きく変わり、HIV感染の予防にもその進歩に支えられた様々な選択肢が用意されるようになりました。しかし、現状はそうした変化が正確な情報として十分に伝わっているとは言えず、有効な治療法が無く死に至る病であった時代の認識にとどまっている場合が少なくありません。

HIV/AIDSはどんな方にも関わる病気です。大切な人や、自分自身を守るためにも早めにHIV検査を受けることが望ましいです。

HIV感染予防を推進している当院では、予防内服療法を行っております。

HIV感染予防内服について詳しくみる

2
検査キットについて

当院ではHIV検査キットとB型肝炎検査キットを取り扱っております。

HIV検査キット

B型肝炎検査キット

検査キットの特徴は、病院や保健所に足を運ぶこと無く自宅で簡単・すぐにHIV感染の有無がわかることです。しかし昨今のコロナ禍もあり保健所で検査を行っていなかったり、人の目が気になり行くのがはばかられる・・そんな方には検査キットが特におすすめです。少量の血液を自分で採取して行う検査で、精度は98%以上とされています。検査時間も15分程あれば大丈夫。 また、当院では検査キットをプライバシーに配慮して郵送するので安心です。 気になる方は当院のLINE友だち追加後、診察のご予約をお願いいたします。

3
検査キットの使い方

石けんで手を洗い、付属のアルコール消毒綿で指を拭きます。ランセットと呼ばれる注射針が出る先端を指先に当て、ボタンを押して血を出します。付属のスポイトで血液を吸い取り、サンプル容器に垂らした後、すぐに付属の検査液も同様に垂らします。 約15分で検査結果が表示されます。

4
当院での検査の流れ
5
検査を行うタイミング

検査を行う時期として、性行為後すぐに検査を行っても感染したか結果が出るわけではありません。抗体が出来るのが約1ヶ月くらいになります。ただし、結果が「陰性」だった場合、検査で「陽性」になる期間に個人差があるため、3ヶ月以降の再検査もおすすめしております。 目安としてはリスクのある性行為後1~3ヶ月後と期間をあけての検査が望ましいです。

6
料金について

当院ではHIVとB型肝炎のそれぞれの検査キットを取り扱っております。
まずはLINE友だち追加からオンライン診療にてご相談ください。

検査料(HIV・B型肝炎)

1回分4,500円
2回分8,000円
3回分10,500円
4回分12,000円

※ 表示価格は、送料・消費税を含む料金となります。

※ 価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承下さい。

※ 診察料は、別途4,000円(再診の方、3,000円)となります。

7
オンライン診療の手順

LINEで簡単!診療予約が可能です。電話によるご予約も受け付けております。
下記ページからご確認ください。